#森見登美彦 的並行世界 #四畳半神話大系

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女有頂天家族などで知られる森見登美彦氏によるアニメ化もされた並行世界小説です

冒頭少し紹介させていただきます

大学三回生の春までの二年間、実益のあるのとなど何一つしていないことを断言しておこう。異性との健全な交際、学問への精進、肉体の鍛錬など、社会的有為の人材となるための布石の数々をことごとくはずし、異性からの孤立、学問の放棄、肉体の衰弱化などの打たんでも良い布石を狙い澄まし打ちまくってきたのは、なにゆえであるか。 責任者に問いただす必要がある。責任者はどこか。 私とて誕生以来こんな有様だったわけではない。 生後間もない頃の私は純粋無垢の権現であり、光源氏の赤子時代もかくやと思われる愛らしさ、邪念のかけらもないその笑顔は郷里の山野を愛の光で満たしたと言われる。それが今はどうであろう。鏡を眺めるたび怒りに駆られる。

といった調子のまさに森見節で始まり、これが数回にわたって最高にひたすら面白い話が繰り返されます。是非ご覧になって下さい。こんな有様の主人公氏がどの並行世界でも悪友小津や黒髪の乙女明石さんとなんやかんやする話です。

小津氏、結局私には理解出来ませんでした

http://amzn.to/2HURQnM

しかし明石さんの「ぎょえええ」は良かったですね。

四畳半神話大系【電子書籍】[ 森見 登美彦 ]

有頂天家族 (幻冬舎文庫) [ 森見登美彦 ]

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村