#夜は短し歩けよ乙女 すれ違いでも悲恋を感じさせないエンタメ性

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

有頂天家族四畳半神話大系などで知られる森見登美彦氏による劇場アニメ化もされた代表作です

二人の男女のすれ違いを描いた作品、ではあるのですが、悲恋を予感させる部分はあまりなく、むしろおもちゃ箱をひっくり返したようなひたすら楽しい作品に仕上がっています

確かに森見登美彦作品は少し人を選ぶ部分はあるのかもしれませんが、それは著者の個性、つまるところ作家性がはっきりし過ぎている為であり、森見先生のいちファンである私から申し上げるなら、そこいらの凡庸な作家の作品を読んで無聊を慰めるぐらいなら、エッジが効き過ぎな作品を読んで読書生活に良くも悪くも何かを刻んだ方が余程意味があると感じています。そして森見登美彦という作家は現在それに最も適した書き手であると思っています

http://amzn.to/2oIkyQX

森見登美彦先生のファンでこの作品が未読の方は少ないかとは思われますが、まだの方は四畳半神話大系などの登場人物も出てくるのでおすすめです。森見登美彦作品自体がまだの方はこの作品からどうぞ!

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) [ 森見登美彦 ]

有頂天家族 (幻冬舎文庫) [ 森見登美彦 ]