傑出した?ヒロイン #秋期限定栗きんとん事件 #米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)

秋期限定栗きんとん事件 米澤穂信

著者は古典部シリーズなどを手掛け、この作品も小市民シリーズと呼ばれるものの第三作になっています

小市民、目立たずひっそり生きる事を目標にし互恵関係を続けてきた主人公とヒロインの二人は、前作をもってその関わりを解消し、数ヶ月後、お互いに恋人を作るなか、連続放火が起こり始める

少しネタバレあり

ラスト直前までまではヒロインである小佐内さんは今回はまともなのかも、と思っていたら、という話になっています

この作品ではシリーズの主人公である小鳩君と、ヒロインである小佐内さんと付き合う事になった瓜野くん視点がそれぞれ交互に入れ替わり物語が進んでいきます。それぞれに面白い部分があり、小鳩視点ではなんだかんだで探偵役をやるところ、瓜野視点はモンスターヒロイン・小佐内さんに対しての全く何も見えていないところなど、本作におけるピエロっぷりがある種エグいです。最後まで読んだ読者はこのピエロっぷりを堪能する為、再読する事になる筈です

ただやはり小鳩氏、交際相手である仲丸さんを「普通に遊んでる高校生」と評するのはさすがですね(皮肉

新聞部部長いわく、誰も読んでいないと思われた「月報船戸」を主人公とヒロインの二人が読んでいたというエピソード はよかったですね

http://amzn.to/2Hai2cS

それにしても凄まじいヒロインでした...

秋期限定栗きんとん事件 上【電子書籍】[ 米澤穂信 ]

氷菓 (角川文庫) [ 米澤穂信 ]

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村