#食い逃げされてもバイト雇うな #山田真哉

食い逃げされてもバイトは雇うな(上) 山田真哉

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?の作者である公認会計士が、手軽に読むことを目的に数字に強くなる方法が書かれた、上下巻に分かれた本の上巻です

少し内容が薄く感じもしますが、大切なことがうまく書かれています。手練れ、という印象です

以下一部抜粋

数字を使うとインパクトのある文章が書ける

数字のルールは4つ ①順序がある ②単位で意味を固定 ③価値を表現できる ④変化しない

数字に「他の意味を持たせる」3つの技法 ①決めつけ(あえて言い切ってしまう) ②常識破り(99.9%は仮設や24時間100キロマラソンなど) ③ざっくり(端数を無視)

ビジネスの数字が上手くなるためには ①言い換え(1勝2敗は3戦無敗) ②割り算(アピールできる数字を探す) ③単位変換(タウリン1グラムは1000ミリグラムに)

NURO光最大12万円以上割引キャンペーン実施中

会計の数字はガチガチのツアー ・金額重視主義(パーセンテージではなく金額で考える) ・利益を出すための唯一の方法=収益を増やし、費用を減らす

http://amzn.to/2p6ufcb

株は勉強しても儲からない ①企業研究にも限界がある ②株価は、経営の良し悪しとは関係ない

決算書の数字がうまくなるためには ・読むではなく探す ・過去や他社と比較

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字上 (光文社新書) [ 山田真哉 ]

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村