最も有名な犯人の一人? #アクロイド殺し アガサ ・クリスティー

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し アガサ・クリスティー

とある村の名士、アクロイド氏が殺害され、そして身内の一人が行方をくらませる。事件が暗礁に乗り上げる中、探偵エルキュール・ポワロが立ち上がる。古典的名作にして、フェアかアンフェアかで論争を呼んだ問題作

この作品こそ全くネタバレなく感想を述べるということがほとんど不可能なので、少しでもネタバレに触れたくない方は、これ以上読み進めないでください

以下ネタバレありますよ?

私は単純に面白いか面白くないかだけにしか拘らない人間で、フェアかアンフェアかという論点にはあまり関心がない人間というともあり、この作品は最高に面白い作品でした

実際、クリスティーの全作品の中で最も好きな作品です。初めて読んだ時はまぁ驚きました。ただ確かに、そんなんありなんや⁉︎とは思いましたが。

このタイプの作品はコレが世界で初めてだと思っていたのですが、どうやら先行作があったようなので、ちょっとその作者の方が気の毒ですね。

しかしアガサ・クリスティーはこの手の作品、つまり犯人を完全に追い込んで確実に捕まえるという形式に拘らない点は少し気になっています。単純な勧善懲悪やベタな展開ではないという事が、作品の質を上げるとは私は考えない人間なので不満ではありますね。あとポアロが犯人に間接的に自殺を勧めているのは事情がどうあれ、やはり異常な気がします。時代性でしょうか?

http://amzn.to/2DBWCDb

この作品に関しては、ミステリに興味がありフェアかアンフェアといった形式に拘らない方には、特におすすめしたい作品です。

ただ大半の方がすでに犯人の正体をご存知だとは思いますが

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村