#空ノ鐘の響く惑星で (1)(2)/#渡瀬草一郎

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 渡瀬草一郎/電撃文庫

巨大な柱が中空に浮き、毎年ある時期になると空から鐘に似た音が降って来る異世界を舞台にして、王位継承権が形だけある第四王子フェリオを主人公にした戦記物語です

以下ネタバレあり

世評の高いこのシリーズを今回初めて読むことにしました。どうやらダブルヒロイン制の作品のようです。私の推しはウルクですね

取り敢えず第1巻だけを読んだ感想としては、固有名詞がそれ程難しいわけではないのですが、やはりそれなりに多く出てくるので覚えるのが大変でした。話も前半は世界観を説明しながらゆったりと進むので、どうしても緩慢に感じました。ただ後半は本当に一気に物語を進めてきたので、これは本当に戦記モノなんだな、と妙に感心しました

イラストも世界観に合致している印象なので長いシリーズですが、全巻読んでいくつもりです。以下気になった点について述べていきます

冒頭、友人であるウルクにペンダントをもらい一旦別れることになるのですが、このいずれ再登場するのは当然だろうなとは思っていたのですが、意外に早かったですね。

主人公フェリオが神の実在を信じていない、という記述には素直に驚きまきたね。ファンタジーの世界では珍しい?

若い司教、カシナートがこの物語のラスボス、とうか黒幕的な存在なのでしょうかね?後半の騒動とどこまで関係があるのか分からないまま第1巻が終わってしまったのでちょっと判断出来ないですね。

あとこの世界の錬金術師が少し不思議な存在になっているのはやはり気になりますね

NURO光最大12万円以上割引キャンペーン実施中

色々引っかかっている部分も含めて、見事に作者の術中にはまってしまったのかも知れませんが、このまま上手く作者に操られていきたい読まされる作品でした


空ノ鐘の響く惑星(ほし)で(2) 渡瀬草一郎/電撃文庫

ますます面白い。展開が早く読み応えがあるため、時々読み返したりするため、ページ数の割に読み進めるスピードが遅くなりがちなのですが、それもあまり気にならないですね

正に急展開の第2巻でした。策謀、謀略が吹き荒れているのですが、ライトノベルだからなのか、描写がエグ過ぎないのが好印象でした。そしてやはりウルクがいいですね

ラストあたりでこの世界に来たリセリナによる考察が少し始まるのですが、こういった分析によって世界観が深まるのもいいですね。この2巻まで読んでみて、コレは世評通りの傑作であると確信しました。もう少し早く素直に読んでいれば良かったなと

それにしても黒幕であり、破滅的敵役でるレージクですが、このレージクという名前はなんというか、いまいち自分の中に入って来ないですね。もう少し分かりやすい名前が良かったなと。

それからもう一人の敵役と思われるカシナートはまだ本格的には動いていないので、まだまだ話が広がる感じなのでしょうかね?続きが楽しみです

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村