戦略の不条理

戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書)

戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書)

戦略の不条理 菊澤研宗(きくざわ けんしゅう)/光文社新書

軍事戦略を経営戦略に取り入れろ、という比較的よくあるタイプの著書ではあります。ただこの著者の防衛大学校慶應義塾大学商学部で教鞭をとっていたという経歴は、他の凡百のコンサル本とは一線を画しています。いるのですが...

序盤から中盤にかけて孫子クラウゼヴィッツ戦争論リデル・ハートの戦略論などを引きながら、戦略とはそもそもどういったものなのかが説かれていきます。そこまではこの方面に疎い私でも楽しめましたし、勉強になったのですが、後半この著者が説く「キュービック・グランド・ストラテジー」という概念があまり理解出来ませんでした。

著者いわく「物理的世界」と「心理的世界」と「知性的世界」に立体的にアプローチしろということなのですが......。読後の感想としては、なんか、よう分からんかった......。あえて言ってしまうなら、著者の中だけで理解出来ていて、他の人間には分かりづらい抽象的な思考のような気がしました。実際の企業経営においてどのように思考していけばよいか、具体例をいくつか挙げていって欲しかったですね。

http://amzn.to/2GGzTJt

興味のある方はどうぞ...と一応申し上げておきます。あと関係ないですけどこの方のお名前は本名なのでしょうか