夜よ鼠たちのために

夜よ鼠たちのために (宝島社文庫)

夜よ鼠たちのために (宝島社文庫)

連城三紀彦 夜よ鼠たちのために

特徴 ・どんでん返し系短編集 ・ミステリが好きな人以外では少 し人を選ぶ

アクロバティックな展開の作品ばかりを集めたミステリ短編集です。短編ゆえに強引な展開や無理があるとしか思えない設定もなかにはありますが、そういうものとして受け入れられる方には最高に楽しめる作品になっています。まぁ30年以上前の作品ばかりなので少し古さを感じるのは仕方がないでしょう

表題作ももちろん面白いのですが、私が一番気に入ったのは「奇妙な依頼」です。序盤主人公である興信所の所員に対して好きになれないな、と思っていたのですがこのキャラクター故に作品にのめり込む事が出来ました。二転三転する展開の中、一体どうやって終わらせるのかと思っていたら、なるほどそうきましたか、といった結末でした。ものの見方の反転と言うのでしょうか?そして何と言ってもこの短編で最もよかったのが有閑マダム沙矢子氏でしたね。なんというか特異で気怠そうなキャラクターが刺さりました。少しネタバレになりますが、主人公氏の空いた時間に所長が別の案件を割り振ったらこのお話は成り立たないな、とは思いましたが、そういった事はどんなどんでん返し系ミステリにも当てはまる事なのかもしれませんね。無粋、という奴かもしれない

どのお話も一文一文が濃密なので読み流しが出来なくてそれ故ページ数の割に読破するのに馬力が必要でした。特に過去の名作を読みたい方におすすめな作品です